おかげ様で10年。これからも安心のカーポート施工。

カーポート専門家
確かな品質 確かな提案
コウケンNET スタッフ

新潟県でカーポート

新潟県でカーポート設置をお考えの方に、役立つ情報を掲載しています。

日本海に面する新潟県。雪のイメージが強いですが、夏は比較的暑く、東京都とほぼ変わらない気温になります。新潟県は降水量に特徴があり、年間を通して冬季に一番多くなるため、おのずと降雪量も多くなります。さらに、冬場は日照時間も極端に短くなるため、新潟県の「雪景色」のイメージになっていると思います。県庁所在地の新潟市は雪が比較的少ないですが、山沿いなど一部地域で200㎝を超える積雪量となる地域もあります。

新潟県にはこのカーポート

私たちが、新潟県にお住まいの方に自信を持っておすすめするカーポートは、ズバリ!リクシル製の「テリオスポートⅢ」です。では、なぜ数あるカーポートの中で、テリオスポートⅢがおすすめなのでしょうか。理由を解説していきます。

テリオスポートⅢ

<理由1>風雪におびえなくていい

テリオスポートⅢは雪に強い

テリオスポートⅢ 積雪200㎝のイメージ

数年前、関東で40年に一度の大雪が降りました。ポリカーボネート製(透明がかった屋根素材)のカーポートは、屋根が抜けたり、最悪な場合ですとカーポート本体が倒壊し、大切な車が潰れたりといった報告が数多く寄せられました。

そんな状況の中、弊社で施工したテリオスポートⅢの被害はゼロ。豪雪地域用のみならず、シリーズで強度の一番低い一般地域用の900タイプ(耐積雪強度30㎝)のものまで含めても、まったく被害が無かったのです。

これだけは覚えておいてください。

当社が施工した数多い実績で、テリオスポートⅢは「風雪被害ゼロ」です。

※「被害ゼロ」には、キャップや雨どいなどのプラスチック(樹脂)部分の不具合は含んでいません。

<理由2>雪下ろしの手間を減らす

テリオスポートⅢの砂を使った強度試験の様子

砂を使ったテリオスポートⅢの長期荷重強度試験の様子

一般的に「耐積雪強度○㎝」と記載されているカーポートでも、その雪が常に載っていることを想定して作られてはいません。これを「短期荷重」設計と呼びます。テリオスポートⅢでも、一般地域用の900タイプ(耐積雪強度30㎝)と1500タイプ(耐積雪強度50㎝)は、この短期荷重です。

これに対して「ずっと雪を載せていてもまったく問題ないですよ」というのが「長期荷重」設計です。テリオスポートⅢは3000タイプ(耐積雪強度100㎝)以上は、すべて長期荷重に対応しています。まさに雪国用のカーポートですね。

難しいことはさておき、結局具体的に何がメリットかというと「雪下ろし」の手間です。

長期荷重設計のカーポートであれば、急いで雪下ろしをしなくてもまったく問題がないのです。

ただ、もちろん強度以上に積もってしまった場合は雪下ろしが必要となるので、おすすめは「ワンランク上の強度にする」ことです。強度を高くするだけで、手間が少なくなり、さらなる安心感も手に入れることが出来ます。

<理由3>隣地への落雪を気にしなくていい

屋根形状による雪の落ち方の違い

カーポートから隣地への落雪は意外と深刻な問題で、お隣さんへ雪が落ちることでトラブルになったケースもあります。自分の家に雪が積もって大変な時に、お隣からの落雪もプラスされると雪かきが大変になって印象も良くありません。

屋根がアーチ形のカーポートの場合、ほとんどのカーポートで左右に雪が落ちる設計となっています。そのため敷地ぎりぎりに設置すると、隣地に雪を落としてしまうことがあります。なので、こういったカーポートの場合、隣地境界から数十㎝(もしくは1m)程スペースをあけて設置することがほとんどです。しかし、そうすると敷地にデットスペースが出来てしまいます。

テリオスポートⅢは「雪の落ち方」がとても考えられているカーポートです。

テリオスポートⅢの屋根は左右ではなく前後に勾配がついており、隣地への落雪を抑えることができます。また、商品のイメージ画像を見ると、正面側の屋根が上がっているように見えますが、通常は前下がりとなっています。これには理由があり、敷地奥側に雪解け水が排水されると駐車場に流れた水が、再度凍結する危険もあります。また、雪下ろしや除雪のし易さも含め、この形になっています。

新潟県にはテリオスポートⅢ

カーポートは長く使うものなので、雪下ろしの手間など後々のことを考えても、少しでも強度の高いものにしましょう。価格以上の価値を、きっと感じることが出来ます。

必読!事前に知っておこう

年内に設置をお考えの方

新潟県は、施工不可の時期はありませんが、その時の積雪の状況で現場調査や施工が出来ない場合もあります。また、全国的に積雪地域は、年末になるほど施工が混みあうため、時期によっては完了までに1ヶ月以上必要な場合もあります。余裕を持ってご依頼ください。

北海道の施工スケジュール

  1. ~10月
    年内に設置をしたいとお考えの方は、バタバタとしないためにも早め早めに計画を立てることがポイントです。
  2. 11月~12月
    大変混みます!雪前に設置をお考えの方が多いため、積雪地域は依頼が多くなります。
※上記スケジュールは例年の目安です。当然、雪の状況によって異なるため、前後する場合があります。

雪質と耐積雪強度

新潟県の雪質は「水分が多く重たい」性質のため、注意が必要です。リクシルのカーポートの仕様に記載されている「耐積雪強度」ですが、この数値は雪比重「0.3」で想定されています。同じ積雪量でも、北海道のパウダースノーと新潟県の雪とでは、カーポートにかかる荷重がかなり違ってきます。新潟県ではワンランク上の、強度の高いカーポートを選びましょう。

地域ごとの強度基準

建築物は、地域ごとに積雪に対する強度基準が決められています。雪の多い地域に、耐積雪強度の低い商品を設置することは出来ないということです。

新潟県であれば、ほとんどの場合「耐積雪50㎝」以上のカーポートでないと設置することは出来ません。また、この強度の基準値は新潟県内でも地域ごとに決められており、場所によっては「耐積雪100㎝」以上や、逆に一般地域用の「耐積雪20㎝」のカーポートでも対応可能な場合もあります。お住まいの地域の積雪強度につきましては、お調べしますので、お気軽にお問い合わせください。

新潟県のお客様の声

新潟県でもカーポートの施工実績が多数あります。実際に施工したお客様に、施工後の写真とアンケートをいただきました。下記以外にも多くの実績がありますので、お客様の声をご覧ください。

  • 新潟県 I様邸新潟県 I様邸

    雪国に住み、年を重ねると雪かきがきつくり、施工事例が豊富で製品のラインナップも多く価格も手ごろのため利用しました。

  • 新潟県 K様邸新潟県 K様邸

    直ぐに現地調査をして、見積もりをしてくれ、対応の早さは嬉しく思った。屋根が有ることで、朝の車のフロントガラスの凍結から解放された。

  • 新潟県 O様邸新潟県 O様邸

    車が野ざらしでしたので良くなりました、また玄関先も見栄え良いなりました。対応はメール電話とも良い対応でした。

  • 新潟県 O様邸新潟県 O様邸

    価格は安い(友人の板金屋が驚いていた)質問に的確なアドバイスを下さった。(他社ではメーカーに自分で聞いてくれと言う所もあった)

市町村別の対応表

新潟県は、全域(佐渡市は除く)でカーポートの設置・施工が対応可能です。新潟県内の全ての施工は「メーカー責任施工」となっています。

市町村名:あ行 か行 さ行 た行 な行 ま行 や行

※地域ごとに設置可能な強度基準が決められています。
※「施工可」の地域でも、場所によっては施工不可となる場合もあります。
※2016年9月現在の対応表です。対応可否は、お問い合わせ時には異なる場合もあります。

あ行

市町村名施工対応外構工事
阿賀野市(あがのし) 施工可×
阿賀町(あがまち) 施工可×
粟島浦村(あわしまうらむら) 施工可×
出雲崎町(いずもざきまち) 施工可×
糸魚川市(いといがわし) 施工可×
魚沼市(うおぬまし) 施工可×
小千谷市(おぢやし) 施工可×

か行

市町村名施工対応外構工事
柏崎市(かしわざきし) 施工可×
加茂市(かもし) 施工可×
刈羽村(かりわむら) 施工可×
五泉市(ごせんし) 施工可×

さ行

市町村名施工対応外構工事
佐渡市(さどし)× 施工不可×
三条市(さんじょうし) 施工可×
新発田市(しばたし) 施工可×
上越市(じょうえつし) 施工可×
聖籠町(せいろうまち) 施工可×
関川村(せきかわむら) 施工可×

た行

市町村名施工対応外構工事
胎内市(たいないし) 施工可×
田上町(たがみまち) 施工可×
津南町(つなんまち) 施工可×
燕市(つばめし) 施工可×
十日町市(とおかまちし) 施工可×

な行

市町村名施工対応外構工事
長岡市(ながおかし) 施工可×
新潟市(にいがたし) 施工可×

ま行

市町村名施工対応外構工事
見附市(みつけし) 施工可×
南魚沼市(みなみうおぬまし) 施工可×
妙高市(みょうこうし) 施工可×
村上市(むらかみし) 施工可×

や行

市町村名施工対応外構工事
弥彦村(やひこむら) 施工可×
湯沢町(ゆざわまち) 施工可×
コウケンNETスタッフ

カーポートの専門家の私たちにお任せください。

  • 満足度92.4%
  • 選ばれて10年
  • サービスNo.1
しつこい営業はしません。
お気軽にどうぞ。お問い合わせページ