お客様と共に歩んで、10年。これからもずっと安心安全の工事をお届けしていきます。

0120-473-480

電話/8:30~18:00 ※土日祝 9:00~17:00

私たちの使命

インターネットで、カーポート販売を始めて10年が経ちました。私たちは、カーポートを単なる商品として販売しているわけではありません。愛車を長い間守り続ける「環境」をご提供しています。

2014年2月の雪害

2014年2月15日、私たちの意識を変える災害が起こりました。関東地方での大雪です。この時、10年に1度と言われる強い寒波が日本列島に流れ込みました。その大雪の影響で交通機関はマヒ、広い範囲で死傷者が出るほどの被害となりました。

この時、多くのカーポートにも被害が出ました。当時、関東地方で一般的だったのは「積雪20㎝」まで耐えられるカーポート。老朽化したカーポートが、積雪で破損することは以前からありましたが、この時は新しい物も含め「破損・倒壊」が相次ぐ事態となりました。

その翌日のことです。当社の電話が鳴りやみません。緊急事態のため、スタッフを増員して対応するも、夜の9時をまわってもお客様からの電話が鳴りやみませんでした。社員総動員で対応しても、間に合わないほどの問い合わせでした。

その内容はと言うと「急いでカーポートを撤去してほしい」という急を要するお客様ばかり。困っているお客様を放ってはおけないとの思いで精一杯対応しましたが、現場が対応できる数には限りがあります。他の都道府県からも応援を呼びましたが、早急な対応が出来ず、結果的にたくさんのお客様を待たせてしまいました。

意識が変わった

お客様に被害状況を伺うと、下記のような内容がほとんどでした。

  • 「カーポートが倒れた」
  • 「屋根パネルが抜け落ちた」
  • 「梁(はり)が曲がった」
  • 「屋根が落ちて、車が破損した」

カーポートは、予め設定された強度以上の力に耐えることは出来ません。また、カーポートの「耐積雪◯㎝」という強度表記は『湿り気が少ないふわふわの新雪で』という意味です。関東地方は、どちらかというと湿り気が多い雪。そんな場合、耐積雪20㎝のカーポートであっても、積雪10~15㎝で破損や倒壊の可能性もあります。

雪害が起こった場所が関東だったこともあり、世の中に大きな衝撃と影響を与えました。「関東地方は耐積雪20㎝」という私たち業界の常識が、この日を境に崩れ去りました。この出来事をきっかけに開発された、高強度タイプのカーポートもあります。

カーポートのプロとして、本当に勧めるべきものは何か?
私たちにとっても、カーポートに対する意識が変わるきっかけとなった出来事です。

プロが勧めないといけない

あれほどの災害を経験したにも関わらず、強度よりも価格重視のカーポートを勧めているショップがほとんどです。お客様が低価格に心惹かれることは仕方ありません。だからと言って、販売者もそれでいいのでしょうか?

私たちは、災害を経験した1000人以上のお客様の話を直に聞き、強度が高いことこそがお客様にとって一番良いことであると気付かされました。カーポートのプロとして、お客様が欲しいものではなく、お客様にとって最適なものを提案し続けます。

カーポートの専門家にお任せください。

カーポートの専門家
私たちにお任せください

  • ◎お客様 満足度92.4%
  • ◎安心と対応で 選ばれて10年
  • ◎安心満足 サービスNo.1
しつこい営業は一切致しませんので、
お気軽にご相談ください。