おかげさまで13年。これからも安心のカーポート施工。

カーポート専門家
確かな品質 確かな提案
コウケンネットスタッフ

お悩み解決

2台用カーポートの間口を延ばしたい!

2021/07/06(最終更新 2021/07/06)

カーポートに車は2台しか停めないけど、屋根は横方向にもっと広くしてほしい、こういった要望があります。その理由は、お家によって様々ですが、例えば「駐車スペースだけでなく、玄関前のエントランスも雨よけしたい」や、「車の他にバイクや自転車も停めたい」といった理由が多いです。単純に横幅が広いカーポートなら、3台用カーポートという選択肢もありますが、お車を3台停めなくていいのなら、おすすめのカーポートがあります。

間口延長タイプ

カーポートST 間口延長

カーポートのお車が出入りする横方向のことを「間口」とも呼びます。2台用カーポートの間口方向に、片側の屋根だけ飛び出た形に延長させた仕様が「間口延長タイプ」です。写真を見てもらうのが一番分かりやすいですね。柱と柱の間には、お車を2台駐車することができます。

この間口延長タイプは、特注仕様といった特別なカーポートではなく、規格商品としてカタログにも掲載されています。ただ、すべてのカーポートに、この間口延長タイプがあるわけではありません。リクシルの中で、間口延長タイプがあるカーポートは最後にご紹介します。

間口延長のメリット

単純に横幅を広げたいだけなら、3台用カーポートも考えられます。ですが、お車は2台だけ停めることができればいいなら、間口延長タイプがおすすめです。理由は、価格面です。リクシルのカーポートSWという商品で、価格を比較してみました。下記は、当店の工事費込み・消費税込みの概算金額です。

  • カーポートSW 2台用 間口延長 横幅:7,884㎜ <価格>749,578円
  • カーポートSW 3台用 横幅:7,884㎜ <価格>925,760円

屋根のサイズは同じ、柱本数も同じですが、販売額で17万6千円ほども差があります。この金額差は、間口延長タイプと3台用タイプでは商品定価で15万円ぐらい、工事費で10万円近く差があるためです。この2つのカーポートでは柱位置が違うので、使い勝手は同じではないですが、目的によっては間口延長タイプにすることで、3台用と同じ広さでなおかつ価格を抑えることができます。

なお、リクシルにはフーゴFというカーポートにも、間口側に屋根が飛び出た形にできる仕様があります。ただ、こちらの場合は「柱間口移動」といって、3台用カーポートの柱を内側に移動させるだけのため、価格は下がりません。

リクシルには2シリーズ

リクシルのカーポートの中だと、間口延長タイプがあるのは「カーポートSW / ST」「ソルディーポート」の2シリーズだけです。(カーポートSWとカーポートSTは名前は異なりますが、同じ折板カーポートなので、ひとまとめにしています)こうやって見ると、間口延長タイプは強度の高いカーポートにしか設定はありません。なお、当店ではホームページ上で概算金額も算出できますので、興味があれば下記よりご覧ください。

記事作成: 西山 肇
ニシヤマ タダシ / 1979年生まれ / クリエイティブな狼

はじめまして、ニッシャンこと西山です!コウケンネットでは、ホームページ管理を主に行っています。DTPやWEBなど、デザイン系の仕事に長年従事してきました。2015年にコウケンに入り、はじめて「お家のエクステリア」を知りました。その時の気持ちを忘れず、分かりやすく伝えることを心がけています。少しでも問題解決のお手伝いになればうれしいです。
コウケンネットスタッフ

エクステリアの専門家の私たちにお任せください。

<当社の価値基準>

  • 安全な工事をすること
  • 金額を抑える努力をすること
  • 売りっぱなしにしないこと
しつこい営業は一切いたしません。
物販イメージCG作成サービス