きっと出会える、
わたしの愛車にぴったりのカーポート

0120-473-480

電話受付/8:30~18:00 ※土日祝は9:00~17:00

本当に「最強カーポート」の名にふさわしいのか?その実力と実績

本当に「最強カーポート」の名にふさわしいのか?その実力と実績

リクシルのホームページのテリオスポートⅢのページを訪れてみました。まず目に飛び込んできて、一番印象に残るのが「最強の選択。」という言葉です。「テリオス」の由来も書かれています。

「TERIOS」とはギリシャ語で“完璧”を意味します。「テリオスポートⅢ」は、強さ・機能・デザインにまでこだわった、まさにTERIOSの名にふさわしい折板タイプカーポートです。

引用元:LIXIL テリオスポートⅢ

LIXILホームページ テリオスポートⅢ紹介ページ LIXIL テリオスポートⅢ紹介ページ

「最強」や「完璧」という言葉は、言葉の重みから使うのをためらってしまいますが、強調して使っている所を見るとリクシル自身「強度」に関して絶対的な自信があるという現れだと感じます。では、具体的な「強度」についてご紹介します。

耐積雪最大「200㎝」

耐積雪が最大「200㎝」

テリオスポートといえば、やはり「積雪に強い」ということで、まずは代名詞とも言える耐積雪についてです。この写真の屋根に積もっている雪の量、すごいですよね。初めてこの画像を見た時は非常に驚いたものです。

この画像は恐らくイメージ用に作成された画像ですが、車や柱の高さから計算すると「200㎝」の積雪をイメージしているものです。まさにこのイメージ画像の通り、テリオスポートⅢは耐積雪最大「200㎝」まで対応しています。

漠然と「200㎝」と聞いてもピンときませんが、こういうイメージ画像を見ると凄さが納得できます。「こんなに雪が積もって大丈夫なの?」と心配になりますが、これが豪雪地域に対応した最強設計なのです。

耐風圧最大「54m/秒」

台風にも負けない風圧性能

テリオスポートⅢは積雪強度のことを一番強調されて言われますが、「風」に対しても強さを発揮します。風に対する強さ、耐風圧は最大「54m/秒」です。

54m/秒と言われてもピンと来ないと思いますが、だいたい33~49m/秒の風速で、屋根瓦が飛んだり、窓ガラスが割れたり、走行中の車が道から吹き落とされる被害レベルです。カーポートへの被害も例外ではなく、ポリカーボネート製の屋根材が飛んだりといった被害はよくあります。

九州地方や四国地方といった雪はあまり降らないが、台風が多いという地域にもテリオスポートⅢはかなりおすすめということです。

なお、コウケンNETでは、さらに安心してお使いいただきたいとの思いで「台風被害補償」を無料でお付けしています。詳しい補償内容は、保証についての台風被害補償の項目をご覧ください。

風雪被害「ゼロ」の実績

風雪被害「0」の実績

この写真は、リクシルでの強度試験の様子です。テリオスポートⅢの屋根部分にショベルカーを使って砂を載せていき、耐久テストを行っているのですが、テストでは想定している長期荷重の「約1.33倍」まで耐えることができ、数値基準を楽々クリアしています。

ただ、あくまでもテストなので「実際はどうなの?」と思う方もいると思います。弊社では今まで数多くのテリオスポートⅢを販売してきましたが、現在に至るまで弊社での施工(メーカー・提携店)のテリオスポートⅢは、風雪被害が全く起こっていません。被害報告ゼロです。

このページのまとめ

「耐積雪」「耐風圧」と強さに絞って説明してきました。思い描いていたカーポートとは違っていたという方もおられるでしょう。はっきり言うと「車を乗る時に少し雨を防ぎたいな」ぐらいに思っている方は、テリオスポートⅢは向いていません。それぐらい「最強」にこだわっており、実績もあるカーポートなのです。テリオスポートⅢが気になった方、ぜひ商品一覧もご覧ください。

テリオスポートⅢ商品一覧へ

下記関連ページも、ぜひご覧ください。

カーポートの専門家にお任せください。

カーポートの専門家
私たちにお任せください

  • ◎相談無料
  • ◎現場調査無料
  • ◎本見積り無料
しつこい営業は一切致しませんので、
お気軽にご相談ください。