おかげ様で10年。これからも安心のカーポート施工。

カーポート専門家
確かな品質 確かな提案
コウケンNET スタッフ

コラム

2台用カーポートにはどんな種類がある?

2台用カーポートを取り付ける

自動車を所有するためには専用の駐車スペースが必要となりますが、外に野ざらしで駐車する場合、雨風をもろに受けたり直射日光を常に当て続けることになり、ボディや塗装に強い負担をかけてしまいます。そのため、自動車の駐車スペースにはカーポートを取り付ける方が多く、自動車を2台保有している場合は、より大きな2台用カーポートを使用します。

その種類は非常に豊富で、駐車スペースが並列ならワイドタイプ、縦列なら縦連棟タイプといった具合に、駐車スペースの使い方に合わせて複数の種類を用意することが出来ますし、駐車スペースの形状などの都合上通常のタイプを取り付けることが出来ないときは、M合掌タイプやY合掌タイプといった具合に、一台用を改良して代用することもあります。

取り付けは専門業者が行うことになりますが、ちゃんとしたノウハウがある業者に依頼しないと、取り付けの際にパーツを損傷させて雨漏りなどを起こしてしまったり、破損したパーツから雨水が浸入してしまったりして、パーツを錆びさせてしまうなどのトラブルに発展することもあるので、出来る限り専門業者に取り付けを依頼するのをおススメします。そのほかにも気をつけるべき点は、最近はインターネット経由で情報を集めることが出来るようになってきているので、気になる業者があれば、公式サイトが無いかチェックして、過去の施工実績などの情報を集めてから、依頼先を絞り込むと、納得できる仕事をしてくれる業者を見つけやすくなります。大事な自動車を長く使い続けるためには、保管場所の状態も非常に重要な意味を持ってくるので、準備には出来る限り長い時間をかけて、より好条件で取り付けてくれる業者に依頼するようにしましょう。



どんな種類がある?

自動車の状態を保ち、直射日光や雨風によるダメージを防ぐことが出来るカーポートは、車庫の無いドライバーにとって無くてはならない存在です。自動車を2台所有している場合は、専用のカーポートを使用する必要がありますが、その種類も非常に豊富で、駐車スペースの形状に合わせて適切な商品を選ぶことで、自動車をより守りやすくなります。

例えば、一般的な左右に自動車を並べられる駐車スペースなら、ワイドタイプやワイド延長タイプ、ワイド間口延長タイプが使われます。ワイド延長タイプは奥行きが広く、ワイド間口延長タイプは間口方向が延長された状態で設計されているので、自動車の近くに自転車を止めておく場合やそのほかの荷物を置いておきたいときなどに重宝します。

駐車スペースが細長く自動車を縦列駐車のように駐車させるタイプだと、縦連棟タイプが利用されることが多く、1台用を縦に連結したような形になっていることから駐車スペースをしっかり覆って、自動車を雨風などから守ることが出来ます。

また、駐車スペースの都合によっては真ん中に支柱を立てることが出来なかったり、片方の駐車スペースが狭かったりと、通常の製品を使用できないこともあるのですが、そうしたときは、1台用を切断したり接続したりして、駐車スペースの大きさに合わせるM合掌タイプやY合掌タイプといった、特殊な加工が必要なタイプが求められます。

これらの製品は実際に駐車スペースを見てもらって、どのタイプを選んだほうが良いかも質問することができるので、駐車スペースの大きさがどの製品にぴったりか分からないときは、専門業者に見積もりを依頼してみて、どうすれば良いのか専門家の意見を聞いて理想的な駐車スペースを用意してもらいましょう。



どれを取り付けるべきか

自動車に使われているパーツは簡単に劣化してしまいますが、特に長く日差しが続く夏場は、紫外線などの影響で余計にパーツが劣化しやすくなりますし、梅雨時なども強い雨風によって、どんどん細かい傷が付くなどの被害にあってしまうリスクが高まります。

そうしたリスクを防ぐためには、雨風や紫外線などを防ぐための設備が必要となりますが、本格的な車庫を作る経済的な余裕が無い場合や駐車スペースの都合上、新しい建物を建てるのが難しいときは、専用のカーポートを取り付けて外部からの自動車のダメージの元を食い止めるようにすることで、自動車の寿命を延ばすことが出来るようになります。

更に忘れてはいけないことは、カーポートを取り付ける際は、どれを取り付けるべきかという点です。特に2台同時に使用する場合は、専用の2台用カーポートが無いと、全ての駐車スペースをカバーしきれなくなりますし、1台用のものを加工して、M型合掌タイプやY型合掌タイプといった、特殊なタイプを設置する際は、早いうちから工事計画を準備しなければならないので、特に2台用の駐車スペースを持っているという方は、早いうちから専用の2台用カーポートを取り付けることを前提として、なるべく早く見積もり依頼などを送るようにしましょう。

準備が早ければそれだけ自動車が外の天候などに影響を受ける機会も自然と減って、品質低下を防いでより長い間安心して自動車を使うことが出来るようになるはずです。もし2台用カーポートを取り付けたいのであれば、自分が所有している駐車スペースを確認してそれに適していそうな商品を業者が紹介しているかどうか、公式サイトなどをチェックして確認するとよりいいでしょう。
コウケンNETスタッフ

カーポートの専門家の私たちにお任せください。

  • 満足度92.4%
  • 選ばれて10年
  • サービスNo.1
しつこい営業はしません。
お気軽にどうぞ。お問い合わせページ