休業】4月28日のみ 詳細

休業期間中のご連絡はメールもしくはLINEでお願い致します。
なお、期間中はお電話やメール返信が出来ませんが、WEBからの現場調査依頼は受け付けております。

【期間】4月28日のみ 
※4月29日からは通常営業

おかげ様で10年。これからも安心のカーポート施工。

カーポート専門家
確かな品質 確かな提案
コウケンNET スタッフ

コラム

車を大切にするために2台置くことができるカーポート

大事な車を置くために大切になってくるカーポート

家を建てると、エクステリアを考えるようになるでしょう。その中で、マイカーをどこに置こうかというのは、大きなポイントになってきます。都市部の住宅などの場合には、できるだけ省スペースにしたいというところもあるはずです。あまりに大きなスペースをとってしまうと、居住部分に負担をかけるところとなるでしょう。庭を狭くすることにもなりますので、どこまで取るのかということを明確に考えなければいけません。

大切な車を守るためにカーポートを設置するのも一つの方法です。大きなスペースをとらずにまとめるためにも、カーポートをしっかり設置するといいでしょう。これにより、置き場が明確となり、庭を占領することもなくなります。荷物を置くこともできるようになるため、2台にすることを前提に設計をしておくのもポイントです。1台よりも2台にしておけば、来客用に使うこともできるようになるのは大きいでしょう。

2台用のカーポートで人気なのは、やはり横2列に置くタイプです。ワイドタイプと呼ばれることもありますが、車が並ぶため出し入れが簡単なのが特徴といえます。壁で囲ったりすることもありませんので、ある程度設置場所が自由になるのもいいでしょう。

屋根の形状などで強度が変わるのも特徴といえます。積雪地帯などでは、それに対応できるものを選んでおくことも必要です。

このワイドタイプの中には、2台止めることができないサイズもあります。車によっては、かなり窮屈になることもありますので、サイズを測りあまり省スペースにするのではなく、少し余裕を持つ方がいいでしょう。出入りするのにも幅が必要ですので、この辺りの余裕は大切です。



横に置くだけではなく縦において省スペース

カーポートには、縦に車を2台置くものもあります。縦連棟タイプと呼ばれていますが、このタイプの特徴は、片側にだけ柱を設置するだけで済むことが多く、スペースはワイドタイプよりも少なくて済みます。

ただし、縦に並べることになるため、車の出し入れはワイドタイプに比べると面倒です。そのため、常用として使うのは1台という場合や、通勤用を前に置くなど利用用途が決まっている場合に向いているでしょう。

縦連棟タイプの場合、2台ではなく、3台にすることもできます。

ワイドタイプで3台にするためには、かなり大掛かりになったり、真ん中に柱をつけなければいけなかったりする場合もありますが、縦連棟タイプはそういった必要もありません。単純に縦長にするだけで置くことができるようになります。もちろん、出し入れは考えなければいけませんが、台数が増えてもスペースは抑えられるのが大きなメリットといえるでしょう。

しかし、縦連棟タイプは柱が片側になりワイドタイプに比べると少ない分だけ強度はどうしても劣ります。積雪地帯で利用する場合には袖壁が一体になっているタイプなどを選びましょう。こうしたタイプであれば強度も保つことができ、積雪しても対応させることができます。特に袖壁一体型になると、屋根部分に傾斜をつけているため、雪下ろしも簡単です。雪も一方向に落とすことができるため、事前に想定して設置するといいでしょう。



カーポートの柱の設置問題に対応できるY合掌タイプ

カーポートの場合、支柱を立てなければいけないということがあります。屋根をつけて車を守ることが目的ですので当然ですが、柱を立てるということは基礎を作らなければいけません。大きく掘って埋め込むというほどではないものの、下に配管などがあれば柱を立てることができません。特にカーポートの場合には、縦に2本は柱を立てます。ワイドタイプの場合には、それが2列になるでしょう。そうなると、どうしても配管を避けることができない場合も出てきます。

こうした場合には、Y合掌タイプにするといいでしょう。1台用のカーポートを背中合わせに連結したタイプで、車と車の間に柱を立てるため外側に柱を設置できないときでも対応できます。敷地を中央で仕切らなければいけないような場合でも、Y合掌タイプなら問題がないでしょう。強度的には1台の片側の支柱と似ていますが、こちらのほうが強く出来上がります。問題点としては、中央部分がへこみます。そのため、積雪地域では屋根に積もってしまい耐えられなくなることが考えられますので向いていません。

カーポートを作る場合、いったいどんな場所に作るのか、出入りできるのかなども考えなければいけないでしょう。支柱があることにより、曲がれないといったことも出てきます。道路と接する面積や奥行きの問題で、縦列駐車して収めるようなこともあるでしょう。

それとともに、強度の問題もしっかり考えておくと、便利な駐車場として使うことができるようになります。雨天の排水の流れや、雪が積もったときにどこに落ちるのかということを考えておくことも大切です。
コウケンNETスタッフ

カーポートの専門家の私たちにお任せください。

  • 満足度92.4%
  • 選ばれて10年
  • サービスNo.1
しつこい営業はしません。
お気軽にどうぞ。お問い合わせページ