休業】4月28日のみ 詳細

休業期間中のご連絡はメールもしくはLINEでお願い致します。
なお、期間中はお電話やメール返信が出来ませんが、WEBからの現場調査依頼は受け付けております。

【期間】4月28日のみ 
※4月29日からは通常営業

おかげ様で10年。これからも安心のカーポート施工。

カーポート専門家
確かな品質 確かな提案
コウケンNET スタッフ

コラム

大事な車を守るためにはカーポート選びが肝心

車を雨風から守るには

家族連れの方や地方在住の方など、何かと車を使う機会は多いと思いますが、駐車スペースの関係上、雨風を直接受けることになってしまうことは珍しくありません。野晒しで置いている車は、そうで無い車よりもボディの劣化が早く、すぐに色あせたり、さびが進行したりなど、様々な悪影響が出てくるので、そうならないように車を雨風から守るカーポートを導入することが推奨されています。いくつもの業者で多くの製品が提供されているので、導入の予定がある方はどんな種類があるのかチェックしてみてください。

現在、多くの住宅で使われているカーポートは、駐車スペースの大きさや所有している車の数など、様々な条件に合わせたものを用意されるのが一般的です。軽自動車を1台だけ所有しているなら、非常に小さいものでも十分対応できますし、2台以上の車を所有している方なら、更に大きなタイプが必要となりますので、駐車スペースによっては、既存の商品を改造するなどして対応することもあります。そのため、設置を業者に依頼する際は、様々な要因を確認したうえで、正確な見積額を確認してから、どこに依頼するか判断する必要があります。複数の業者に依頼すれば正確な相場も把握でき、よりお得に設置することができるでしょう。

車庫が欲しいという方は大勢いますが、それだけのスペースを確保することができないケースも多く、そういうところでも比較的容易に導入出来るカーポートは、日本の住宅事情にもあった商品と言えます。そのため、導入する際は複数の業者を必ず比較して、費用をかけず、適切なサポートを行ってくれるところを探すようにしましょう。見積額はもちろんですが、査定中のスタッフの応対も考慮して、一番気持ちよく依頼できる業者が無いか探してみてください。



どのタイプを使うか

通勤や通学などの移動手段として使うだけでなく、趣味の一環として購入する方も多い車ですが、車を保管するための駐車スペースが限られている住宅も多く、中には野晒しの状態で置かざるを得ない住宅も見られます。その場合、車が雨風の影響をよりお強く受けてしまうので、少しでも雨風の影響を抑えるためにも、カーポートを導入しましょう。カーポートは比較的小さいスペースでも設置することができ、コストも車庫を新たに作るよりも低いという利点があるので、多くの方が利用しています。駐車スペースや、所有する車の数などで、設置するタイプを変える必要があるので、どのタイプを使えばよいのか考えてみましょう。

カーポートには様々な種類があり、設置する場所やスペースの広さに応じて使い分けます。例えば軽自動車やバイクといった小型車向けのものや、複数の自動車が使えるよう縦に並べたものや、横幅が非常に大きいものなど、他にも様々な種類が用意されています。更に設置スペースははっきり決められているわけではないので、既製品ではスペースが余ったり、足りなかったりする際は、一部を切断したり、他の製品を組み合わせるなどの方法で対応します。

設置するカーポートのタイプを選んだら、次は取り付けるための工事を行う必要があります。元々何かを取り付けることを想定していない場所に取り付ける必要があるなど、住宅事情によってはスムーズに工事の準備が進まないこともありますので、正確な納期や費用などは業者に見積もりを依頼してみないことには分かりません。利用する業者によっては費用が変動するので、必ず複数の業者に見積もりを依頼しましょう。



どのような工事ができるか

車のボディは一見綺麗に見えても、様々な刺激を受けて徐々に劣化していきます。特に野晒しで置いている車は、紫外線や雨風の影響を直接受けてしまうので、余計に劣化が早く進むと言われています。更に汚れなども付着するので、紫外線や雨風を防ぐためのカーポートを取り付けることで、車のダメージを食い止めることができます。取り付けには駐車スペースと柱などの部品を取り付けるスペースなど、他にも色々なものが必要になるので、現状でどれだけの工事ができるか、実際に業者に見積もりを依頼して判断しましょう。

取り付け工事は要望に応じて様々な形で対応することができます。基本となる一台用のカーポートの場合は、設置用の柱を取り付けるスペースが必要になりますが、柱のスペースはそれほど広くなくても十分対応することができます。また複数の車用に設置する際、既製品の2台用のものではスペース不足になる場合は、1台用をつなげてスペースを確保するなど、状況に応じて工事の内容を変更して、様々な場所に取り付けられるよう配慮します。さらに屋根部分を加工したり、屋根を低くして欲しいなどの要望にもある程度なら答えられるので、見積もりの時点で、どのような結果を求めているのかを明確にしておきましょう。

どのように工事を行うかは、業者によって異なります。中には住宅専門の業者が代行することもありますが、柱などの様々なパーツの加工が求められるなど、未経験の方が行うと難しい作業を行うこともあるので、何かと特別な条件の下カーポートを取り付けたいときは、できる限り専門業者に依頼して、理想の工事が行えるかどうか確認しみてください。
コウケンNETスタッフ

カーポートの専門家の私たちにお任せください。

  • 満足度92.4%
  • 選ばれて10年
  • サービスNo.1
しつこい営業はしません。
お気軽にどうぞ。お問い合わせページ