おかげ様で11年。これからも安心のカーポート施工。

カーポート専門家
確かな品質 確かな提案
コウケンNET スタッフ

プロ直伝!カーポート豆知識

カーポートとガレージの違い

コウケンNETカーポート専門館でメインで販売しておりますのは「カーポート」です。

カーポートとは、「屋根と柱で構成された簡易的な車庫」です。

一般的なポリカーボネート屋根のカーポートと、強度の高いスチール折板屋根のカーポートを区別するために弊社では「ガレージカーポート」と呼んだりします。

(しかし、構造的にはどちらもカーポートです)

 

今回は、簡易的な車庫であるカーポートではなくて、完全な車庫である「ガレージ」を解説します。

特にカーポートとガレージを比較して違いを明らかにすることでより理解が深まると思います。

cp-gr

 

①囲われているか、囲われていないか

 

カーポートとガレージで一番大きく変わるのは

◆カーポート→柱と屋根の構造で、囲われていない

◆ガレージ→シャッターを閉めるとすべてを囲うことができる

という特徴があります。

 

もちろんカーポートでもサイドパネルなどのオプションを付けることで、少しでも囲いを付けることはできますが、出入りすることころにシャッターを取り付けてすべてを囲うことはできません。

(テリオスポートで、イレギュラーな施工対応で取り付けた実績はありますが、基本はできないとさせていただいております。

 

 

②工事代はどちらが高いか

 

工事代に関しては、特に注意が必要です。

カーポートと比べるとガレージの工事代は「かなり上がります」。なぜ「かなり」なのかというと

 

・基礎工事

・土間打ち工事

 

が必要なためです。

 

カーポートは柱を埋めてモルタルで固定した後、屋根を組んでいきますが、ガレージはガレージ本体を組み上げる前に「基礎工事」が必要です。

ガレージの大きさ分の基礎工事(上から見ると「コ」の時のような形)が高額になってしまいます。

 

また、ガレージの中は土間コンクリートにされたい方がほとんどです。

基礎工事とガレージの中の土間コンクリート工事は別ですので、ここでも金額が上がってきます。

 

 

③商品の選択肢は?

 

カーポートに関しては当店の商品ラインナップを見えいただけましたら「選べるくらいはあるな」と思っていただけるとは思います。

カーポート専門館には掲載しておりませんが、エクステリア総合ページにガレージの「ベルフォーマ」を載せております。

 

現在のところコウケンNETでお出し出来ますガレージはタクボ物置のベルフォーマです。(カールフォーマという商品もあります)

 

 

④固定資産税の対象になる?

 

こちらもよくお受けする質問ですが、基本的な考え方として

 

・カーポート→固定資産税の対象にはならないケースがほとんど。

・ガレージ→固定資産税の対象になる

 

があります。

3方(3面)以上が囲われている場合は固定資産税の対象になってしまいます。

 

では、テリオスポートの3面囲いはどうなるのかというと、都度各地域の行政に確認をしていただく必要があります。

 

3men

 

税金関係は、メーカーや当店としても一般的に公開されている情報でのご案内しかできずに申し訳ございませんが、各地域によっての判断も異なってくる可能性もあります。

 

 

カーポートとガレージの大きな違いはご理解いただけましたでしょうか。

細かいところではまだまだご説明できることもありますので、疑問点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

コウケンNETスタッフ

カーポートの専門家の私たちにお任せください。

  • 満足度92.4%
  • 選ばれて11年
  • サービスNo.1
しつこい営業はしません。
お気軽にどうぞ。お問い合わせページ